【原理解説】オーラの見方講座

目安時間:約 3分

【原理解説】オーラの見方講座

この講座はオーラを見るというプロセスを学ぶ、身体の原理説明です。

オーラを見るというのはスピリチュアルな能力のように聞こえるかも知れませんが、実際は誰でも見ています。

それを認知できるかできないかの違いです。認知領域にアプローチするにはその根拠が必要です。

 

この講座では手順を明確にして、実際にオーラを見るという体験によって自分の身体の動きを観察します。

オーラが見えるためには必要なものが有ります。

頭の中だけで妄想していても、実際のオーラは見えません。

オーラは感じることで視覚に展開して見えてくるものです。そのために知っておかなければいけないことについて説明します。

また、見えることを恐れる人には見えませんので、あらかじめ見ることを恐れていないことを確認して下さい。

 

よく、スピリチュアル系の講座でブロックがあって見えない、聞こえないということの大半は、ただの恐れです。

恐れているなら、まずそれをなんとかしなければできるようには成りません。

 

思考ではない、思考でコントロールできない部分については、エモーションフリーをお勧めします。

オーラが見えれば、チャネリングができる。

基本的な原理は全く同じです。ですから、オーラが見える人は、何かの情報をオーラという形で受け取っているだけです。

音にすれば透聴的チャネリングになりますし、映像にすれば透視的チャネリングになります。

 

オーラの場合はその概念上をそれを解釈していきますが、続けていくと透視的チャネリングになります。

何ができるようになるの?

正直、オーラが見える程度では何の役にも立たないと思います。なぜなら、オーラは偽装ができるので色を信じるわけにも行きません。できる人は色を変えてきますし、大きさも変えてきます。

だったらなんのために? 基本的には身体の使い方を覚える初心者バージョンだからです。それをやってステップアップしていくと考えた方がいいです。スピリチュアルをやっているならできた方が話の種になります。

 

セッションやお茶会で色を見てあげることの価値はあまりありませんが、盛り上がります。

 

そして、更にチャネリングに進み、メッセージを受け取れるようになり、サイキックへと繋がっていきます。

講座案内

 

 

TOPへ戻る

LINE@
友だち追加
SelfDesign.Tokyo
最近の投稿
カテゴリー
Menu